注文住宅で失敗しないための調査

20 8月, 2013 (00:00) | 不動産一般 | By: admin

家を手に入れるためにまず土地から購入しようとする考えの人がいます。すでに完成された新築住宅を購入するという方法もあるのですが、本当に自分好みの物件が欲しいと思っているのでしたら、注文住宅という方法で、自分の望む形に限りなく近いものを求めるというのもアリでしょう。家の購入は一生に一回、という人がほとんどでしょうし、それならば少々高い買い物になったとしても、絶対に後悔しない物件が手に入る注文住宅は非常に有効です。

しかし、中には注文住宅で失敗したという話もあります。その原因の多くは、建築前に地質調査をしなかったということが要因のものが多いです。土地には潜在リスクというものがあり、地盤沈下を起こしやすい性質があったり、土砂崩れなどを起こしやすいとされている水の吸収性が低い土地が隠れていることがあります。このような性質を知らずに購入したら大変なことになりますが、地質調査をすれば、これらのリスクを知ることができ、折角の注文住宅が災害によって壊されるリスクを下げることが可能です。

仮に多少の土地の潜在リスクがあったとしても、建築技術の発展によりそのような土地でも安全な家を建てることは可能です。その為にもどのような施工が有効なのかを調べるために行う必要のある地質調査は、とても重要な下調べだと思ってください。